12月13日の夕方には和田諏訪神社霜月祭古典祭が行われました。昨年はコロナ感染警戒レベルが高くて、児童の参加はなしで、縮小した形の古典祭のみ行われました。今年はコロナ感染警戒レベル1ということで、2年ぶりに子どもたちが参加する「学童の舞」が復活しました。10名以上の4~6年生が希望参加して、3回の練習にも取り組んで、この日がいよいよ本番です。中には初めて人前で踊るという子もいましたが、緊張しながらも、精一杯練習してきたことを発揮しようとがんばっていました。やはり霜月祭あっての遠山郷です。